法人理念

個人の尊厳を保持して、安心した生活を地域社会において営むことを、目指します。

社会福祉法人 手をつなぐ福祉会のあゆみ

1961年(昭和36年) 「葛飾区手をつなぐ親の会」創立。初代会長に山内重庵が就任。
1965年(昭和40年) 会則を制定し、組織の強化を図る。第二代会長に広川好枝就任。
1978年(昭和53年) 「第一しょうぶ福祉作業所」開設。
1982年(昭和57年) 「第二しょうぶ福祉作業所」開設。
1984年(昭和59年) 「第三しょうぶ福祉作業所」開設。第三代会長に福田芳治が就任。
1988年(昭和63年) 「第四しょうぶ福祉作業所」開設。
1992年(平成4年) 第四代会長に竹澤孝雄が就任。
1994年(平成6年4月) 「第五しょうぶ園福祉作業所」開設。
1998年(平成10年10月) 法人化委員会設置。
1999年(平成11年4月) 「第六しょうぶ福祉作業所」開設。
2001年(平成13年9月) 「社会福祉法人手をつなぐ福祉会」設立。
「第一~第六しょうぶ福祉作業所」法人運営に移行。
2004年(平成16年1月) 葛飾しょうぶ園」開設。
2005年(平成17年4月) 水元そよかぜ園」開設。
2005年(平成17年11月) 青戸しょうぶ」開設。
(第一、第五しょうぶ福祉作業所を統合)
2007年(平成19年4月) しょうぶエバンズ」開設。
【自立支援法(創設):就労移行、就労継続支援B型】
(第二、第四、第六しょうぶ福祉作業所を統合)
2008年(平成20年4月) 水元そよかぜ園」開設。
【自立支援法に移行:生活介護、就労継続支援B型】
(第三しょうぶ福祉作業所を統合)
2009年(平成21年) 第二代理事長に根本文夫が就任。
法人本部、ホームヘルプステーションしょうぶが移転。(葛飾区青戸)
2018年(平成30年4月) パランしょうぶ」開設。
法人本部、ホームヘルプステーションしょうぶがパランしょうぶ内に移転。